CINTAI-OWNER

無料で開催されている不動産投資セミナーに通おう

節税に向けて

効率よく投資を行おう

セミナー

不動産投資は資産形成のために行われることもありますし、節税対策で行われることもあります。東京の無料の不動産投資セミナーは、様々な説明が丁寧でとても人気があります。不動産投資をする時は、土地や建物の内訳を考慮する必要があります。土地や建物の内訳は、原則として売主と買主間の合意に基づいて決定されます。土地と建物の総額が同じであれば、買主にとっては、建物の金額を大きくしたほうが減価償却費を大きくとれて、節税対策となります。建物価格は合理的な範囲内で大きく設定することができます。こうした実践的な知識を無料の不動投資セミナーで得ることができます。低金利が続く日本では、不動産投資に対する需要がとても高いです。不動産投資セミナーに参加する時は、金利動向を意識することも大切です。東京は投資が盛んで、開発などもよく行われます。最新の開発状況に関する知識も、東京の無料の不動産投資セミナーで得ることもできます。情報を早く得ることは、ビジネスにおいてとても大切です。無料で様々な知識を得ることができる不動産投資セミナーは、有効活用する必要があります。東京はマンションの種類が多いという特徴があります。人口密集地の東京では、マンションへの需要がとても高いです。オフィス用のビルの賃料は、居住用のマンションの賃料よりも変化が激しいです。オフィス用のビルの賃料の変化を知ることで、地域の需要の変化を予測することもできます。

新築ならではのメリット

模型

不動産投資を始めるのなら、まずは新築アパートを購入するべきです。投資初心者でも安心して投資でき、余計なリスクを抑えられます。また、節税効果が高く、収益性が高いのも新築アパート投資の魅力です。なぜ安心できるのか、収益性が高まるのかを確認していきましょう。最大の安心できる理由は、設計自由度の高さです。土地に建物を合わせられる上に、人気の間取りや設備を取り入れることが可能です。そのため、入居者の確保に苦労せず、入居率を高く維持できます。また、中古アパートより家賃を強気に設定できるのも新築アパート投資の魅力です。どんなに家賃を下げても入居者が決まらないと悩む必要がないのは、投資初心者にとって心強いものです。その他、旧耐震基準で建てられたアパートでは耐震補強工事が必要ですが、新耐震基準で建てられる新築アパートには必要ありません。専門的な知識が必要ないのも、新築アパートならではの魅力です。収益性が高いのも、新築アパート投資ならではと言っていいでしょう。中古アパートより減価償却費が多く、より多くの費用を毎年計上できます。また、木造のためマンションよりも減価償却費が多いのも見逃せないポイントです。一般的に同額を投資した場合にマンションよりアパートが収益性が高いと言われるのは、計上する減価償却費が大きく異なるためです。新築アパート投資はサラリーマンでも始めやすいため、既に多くの方が物件オーナーになっています。他人が着実に資産形成をしているのを指をくわえて眺めるのではなく、ご自身の資産を新築アパートで形成してみましょう。

きちんと選択しよう

お金

サブリースという言葉をご存知でしょうか。簡単に言えば、不動産投資をする際、もし空室が出た場合に家賃保証をしてくれる投資用物件につける保険です。不動産投資は、ある不動産のオーナーとなって、賃貸として貸出してその家賃収入をもらうという投資手法です。会社員や公務員はローンが組みやすい事から、副業としてかなり人気の高い投資手法です。また、銀行からローン融資を受けて始められるので、最初大きなお金が用意できなくても始められる点からも人気があります。しかしローンを組んでしまうと月々の返済が発生してしまいますよね。それをどうするかというと、入居者から支払われる家賃から支払えばいいので、お金の心配が無いわけです。ただ、その不動産に入居者が入らなければどうすればいいのか。そのためにサブリース契約というものをするのです。このサブリースをしていれば、もし空室になってしまっても家賃の7〜8割ほどが支払われるので、ローン返済時にかなり助かるというわけです。保険をイメージすればわかりやすいと思います。なので、仮に入居者があった場合でも、一定料の支払いというものは発生します。そのため、絶対に空室にならないという自信がある人は、このサブリースも付けないという人もいるそうです。ほぼ空室にならないのは、例えば都心部の駅近エリアとかはほぼ客が付くと言われており、付けない派が多いそうです。空室にならない物件かどうか、また自身の精神面の問題もあるので、どうするかは契約する不動産屋さんに相談してみましょう。