CINTAI-OWNER

無料で開催されている不動産投資セミナーに通おう

不動産の運用を都内で学ぶ

探し方や選び方とは

男性

東京都内で開催されている無料の不動産投資セミナーは非常に種類も数も豊富でどのように選んでいいのか迷ってしまいがちです。そこで東京都内開催の不動産投資セミナーの探し方と選び方について簡単にご説明します。尚、東京開催の無料セミナーですが、主催する会社の所在地は様々です。まず、無料の不動産投資セミナーの開催については不動産投資のポータルサイトやセミナーポータルサイトの他、大手の不動産投資専門の会社のホームページなどで見つかります。それぞれのサイトでは開催日や東京都内での開催地、セミナーテーマについてのたくさんの情報が掲載されています。一つずつチェックしてご自分の興味のあるものを絞り込んでいけますが、多すぎてどのように選んでいいのかがわからない場合もあります。無料とはいえ、その内容やテーマは非常に多岐に渡り、内容も充実しています。セミナーの講師も不動産投資会社の社員だけでなく、本をたくさん執筆しているような有名な不動産投資家や税理士、ファイナンシャルプランナーもいます。そこで選ぶ際にはまず、不動産投資セミナーを主催する会社のホームページなどをチェックしましょう。そこで創業年数や取り扱っている管理物件数、オーナーの数など客観的なデータを分析し、その会社の実績や事業規模などを把握するように努めます。データから信頼できる会社かがある程度まで見えてきます。次にセミナーの規模や頻度をチェックします。毎回、ある程度の参加者数がいて、定期的に開催されているセミナーはそれなりに人気があり、質の面でも期待が持てます。内容や講師についても毎回変えているようなセミナーは興味深い内容であることも多く、とても役に立ちます。さらにこれまで開催された回数もチェックしましょう。数が多ければ継続的に開催されてきたことがわかりますし、内容面での工夫も期待できます。この開催回数も前述のポータルサイトなどでわかります。

小さいリスクと多くの利益

貯金箱

不動産投資の代表格が、アパートとマンションですが、それぞれ特徴が異なっており、どちらを選べばいいのか迷われている方も多いでしょう。不動産投資初心者にとっては、選ぶ基準すら分からないものです。初心者でも安心して不動産投資を行うため、2つの投資対象を比較してみましょう。購入費用の観点からは、マンションにやや分があります。アパートは少なくとも4000万円から6000万円ほどの購入費用がかかる一方、区分マンションであれば1500万円から2000万円ほどです。しかし、金融機関からローンを借りるのなら、アパートが巻き返します。建物だけではなく土地も100%所有しているため、その分評価額が高いのです。つまり金融機関からお金を借りやすいということ。不動産投資では金融機関への融資申込に躓くことが多く、その点アパート投資は始めやすいと言っていいでしょう。物件管理の観点からは、断然アパートが有利です。区分マンションは自分1人の考えで管理はできず、どうしても不満点が発生します。一方、1棟全てを所有しているアパートであれば、自分1人の考えを反映できます。不動産投資で成功するには、いかに効果的な管理を行うかが重要。アパート投資はマンション投資より適切に管理しやすく、リスクを大幅に抑えられます。利益率でもアパート投資がマンション投資を圧倒します。毎年計上する減価償却費が多く、その分キャッシュフローが多いのです。また、修繕工事費も少なく、効率的な投資に導いてくれます。投資の始めやすさ、リスクの小ささ、利益率の高さのいずれもが、アパート投資をするべきだと物語っています。

管理の負担がかからない

マンション

不動産投資をする際に、どんなに優良な物件を選んでも空室や滞納は発生してしまいます。様々な努力によってゼロに近くすることはできますが、賃貸管理会社に委託をしているだけでは、完全にゼロにはできません。どうしても空室や滞納が発生する可能性が残ってしまいます。もしも、空室や滞納をゼロにしたいのであれば、サブリース形式を利用しましょう。サブリース形式とは、大家と賃借人であるサブリース会社が結ぶマスターリース契約とサブリース会社とテナントである転借人が結ぶサブリース契約が合わさったものです。テナントである転借人が退去してしまったり、トラブルを起こしたりしても、その責任は賃借人であるサブリース会社が負うことになっており、大家に負担がかかることはありません。そのため、仕組みをきちんと理解して、優良なサブリース会社を選べば、不動産投資におけるリスクをかなり抑えられるため、安定的な収入を確実に手にすることができるようになります。サブリース形式は、1棟マンションや1棟アパート、店舗の賃貸、事務所の賃貸などでよく見かけますが、最近では中古ワンルームマンション等の小さな物件でも採用されることが多くなってきました。サブリース形式を利用した場合、実質的な家賃収入は相場家賃の10%から20%低くなります。この差額分が空室や滞納時の保証料だと考えましょう。保証料やサービス内容はサブリース会社によって異なるので、数社から見積もりを取ってみるとよいです。